windowsとMACは何が違うのか

パソコン製品は国内外を問わず、色々なメーカーが生産しているものです。
しかし、パソコン内部で使われているソフトウェア、特にOSと呼ばれるソフトウェアは、
世界中を見渡しても、数社だけがそれを開発・販売しております。
その数社のOSソフトがそれだけ品質がよく、またwindowsなどのソフトウェアは、
作業や仕事に適している事もあり、世界中でかなりのシェアを獲得し続けています。

国内で販売される事務用コンピュータも、大半がwindowsがインストールされているものであり、
画像処理ソフトや事務処理ソフトなども、windows向けに開発されているケースがほとんどです。
安いBTOパソコンメーカーもOSはすべてWindowsで統一されています。
一昔前までは音楽や画像処理といった仕事はwindowsで進めるよりも他社のOSの方が良い、
という意見がありましたが、今では多種多様なクリエイティブ系のソフトウェアが、
販売されており、他社のOSをわざわざ買い足すメリットが無くなって来ております。

国内で大きなシェアを獲得しているOSを学んでおけば、
色々な現場のコンピュータを気軽に操作する事が出来ます。
今ではタブレットやノートブックにも、大手のOSがインストールされ始めており、
外出先で手軽に作業に着手する事が出来ます。

apple社のMacはパソコンに美しさを求めた

apple社のパソコン、Macは工業製品のデザインとしては、他を圧倒する美しさを備えています。Windowsマシンのユーザーが、新しいパソコンを購入する時に古いそれを手放すのに対し、Macユーザーは古いマシンでも手元においておきたがる傾向があります。このことは中古市場においてもMacの価格がなかなか下がらないことからも伺えます。

初期のモデルは他社に先駆けてフロッピーディスクドライブを搭載していました。そして面白いのは、フロッピーディスク取り出しボタンがなく、マウスやキーボード操作で排出させるという機能です。これは面白いだけではなく、外観に余計なボタンを配さないという審美眼によるのです。

iMac以降は筐体がカラフルになりました。デスクトップはベージュ、ノートは黒といった当時の常識を覆したものです。さらにはそのカラフルな筐体が半透明になっていて、中の構造が見える点もユニークでした。このカラフルなスケルトンデザインは、Windowsマシン用の外付けのデバイスにも用いられました。

この頃のモデルには、CD/DVDのトレーがなく、これもシンプルです。ただしこの件においては弱点があり、書き込み式のドライブが技術的に間に合わなかったというエピソードが残っていました。

そしてOSの作り込みの美しさも優れており、外観ときわめて一致したイメージ作りを保っています。

Comments are closed.